個人輸入でルミガン購入

3月, 2015

now browsing by month

 

ルミガンが目に混入した場合

 ルミガンはもともと緑内障治療のための点眼薬であり、最初から目に入れることを前提に作られた薬です。ですからまつげを伸ばすために使っていて、うっかり目に入ってしまってもたいした問題はありません。そもそも緑内障治療目的で使っている人は、普段から目に入れているのですから。
 ただしルミガンが目に入ってもまったく何も起きないかというとそういうこともなく、一部の人では目の充血やかゆみなどが出ることがあります。これは薬品による目の刺激によるもので、ほかの目薬でもよく起きる現象です。このような副作用で重篤なものが出ることは少ないですし、2週間ほどで自然に治ってしまう場合が多いようです。逆に症状が重い場合やいつまで経っても治らないという場合は、薬の副作用が出ているのではなくアレルギー反応を起こしている可能性があります。使用を中止した方がいいでしょう。他の副作用として、外国人では虹彩に色素が沈着して目の色が変化が変化したという症例がありますが、日本人は虹彩の色が濃いので、特に気になるような変化は起きません。ただしコンタクトレンズも変色するので、使用するときは外しましょう。
 このようにルミガンが目に混入してもたいしたことにはならない場合がほとんどですが、そういうことが起きた場合は一応目を洗っておきましょう。リスクは少しでも避けるに越したことはないですし、不要な副作用を味わうのもバカバカしいですから。それと目に入った後、何か重大な症状が出た場合は医師に相談しましょう。非常に希(1%以下)ですが、ルミガンを使用した結果角膜炎や白内障などの副作用が出ることがあり、そのような病気の症状である可能性があるからです。具体的には、目が痛んだり視界がぼやけたりした場合は注意が必要です。

ルミガンの同効薬

ここ最近、まつ毛増毛剤、育毛剤として、女性たちの間で話題となってきているルミガン、もともとは緑内障治療薬として開発された目薬なのですが、その副作用として、まつ毛が長くなってきたという報告が上がるようになり、検証の結果、まつ毛の長さや密度、太さなどがアップしているという効果が認められ、美容業界での取り扱いが広がってきたようです。
もちろん化粧品としてのまつ毛美容液も、国内メーカー、海外メーカー共にたくさん流通してはいますが、それらは傷んだまつ毛が若干回復する程度の効果しか認められていませんでしたが、ルミガンはあくまでも医薬品なので、もともとの自分のまつ毛の長さを超えて長く伸びるので、増毛、育毛効果が高く、短期間で期待以上の効果を得ることが出来ます。
ルミガンと同じ効果を発揮する薬は他にもあり、ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品なので、同じ成分で製造されており、同じ効果が安価で手に入れられます。
またラティースもルミガンと同じメーカから同じ成分で製造されていますが、こちらはまつ毛育毛剤として売りだされているので、値段は高めの設定となっています。
そしてもう一つルミガンのジェネリック医薬品もあり、こちらはケアプロストよりは若干高めですが、それでもラティースなどの育毛剤として売りだしているものよりははるかに安価で、ビマトアイドロップスという薬になります。
いずれも海外の薬なので、日本国内で手に入れるには美容外科で少し高めで購入するしかなく、国内で保険適用で手に入れられるのは、眼科で緑内障と診断されない限りは不可能です。
その為、医薬品の個人輸入を代行で行っている業者から購入するのが、一番安心で安く手に入ります。