個人輸入でルミガン購入

4月, 2015

now browsing by month

 

目元の黒ずみに効く美容医薬品

最近、目元が黒ずんできたような気がすると思うことはありませんか?目元が黒ずむ原因の一つに、まつ毛が関係している場合があります。
どういうことかというと、まつ毛が短くて悩んでいる方が、まつ毛を長くしようとまつ毛の育毛剤を使用したことにより、その育毛剤の副作用で目元が黒ずんでしまったという事例があるからです。
まつ毛育毛剤に『ルミガン』という点眼液があります。本来このルミガンは、緑内障や高眼圧症の患者のために処方されている点眼治療薬ですが、その副作用には、まつ毛が長くなったり太くなったりする作用がみられ、これを上手に利用しまつ毛育毛剤として利用されています。
しかし、このルミガンには目元が黒ずんでしまうという副作用もあります。これは使用方法を守らないことで起こることで起こるのです。本来は上まつ毛のみに塗れば良いのに、欲張って下まつ毛にまで塗ったことで黒ずみが生じてしまいます。
では、黒ずみが生じてしまった時に効く美容医薬品はあるのでしょうか。現在では、シミやソバカスに少量でも高い効果を発揮する美白美容クリームが販売されています。それらに配合されている成分には、肌の漂白剤とも言われている「ハイドロキノン」や、黒ずみの原因物質に直接働きかけ、悪玉細胞を排除する働きをする「トレチノイン」などが配合されています。これを患部に少量塗るだけで、徐々に黒ずみが改善されていくとされています。これは刺激の強い成分ではありますが、肌に影響を与えない程度しか配合されておらず、それらによって起こり得る炎症を事前に抑える成分も配合されているので、安心して使用できます。
ただし、これらのなかには国内で販売されていない美白クリームもあります。

目元の黒ずみとルミガンの関係

 ルミガンを長い間使用していると、目元、特に下のまぶたが黒ずんでいくことがあります。せっかくまつげが長くなっても、目元が黒ずんでしまったのでは、目を大きくキレイに見せようとした意味がなくなってしまいます。ここでは、黒ずみの原因と対処法を紹介します。
 まず原因ですが、これはルミガンの作用そのもののせいです。ルミガンは皮膚に存在する様々な細胞を活性化する作用をもつ薬品です。この作用によってまつげの毛根が活性化されて、まつげが伸びるのですが、困ったことにこの時、メラニン色素を合成する細胞も同時に活性化されてしまうのです。ご存じのように、メラニン色素が皮膚で合成されるとその部分の色は黒くなります。その結果、ルミガンを長い間使っているとまぶたが黒ずんでくるのです。
 次に対処法ですが、残念ながらこれを飲んだりつけたりすればいい、というような特効薬はありません。できるのは薬剤ができるだけまつげ以外の部分に、影響を与えないようにすることだけです。まず、ルミガンを使うときはまつげの根元だけにつけるようにし、まぶたに付着した場合はすぐに洗い流しましょう。それから副作用は特に下のまぶたに出やすいので、つけるのは上のまつげの根元だけにしておきましょう。それでは上のまつげだけ伸びることにならないか、と心配な方もいるでしょうが大丈夫です。どうせ瞬きしている間に、薬剤は下のまつげの根元にも移動しますから。
 なお黒ずみが出てしまった方も、過度に心配する必要はありません。あくまで一過性のものなので、ルミガンの使用をやめればもとに戻ります。黒ずみが出てしまった場合はいったん使用を中止し、引いたところで今度は薬剤が皮膚につかないように注意しながら再使用すれば良いです。